BLOG MOVIE

ディーパンの闘い

更新日:

内戦中のスリランカからフランスにたどり着いた他人同士の3人が、偽装家族として見知らぬ土地で新しい第一歩を踏み出す姿を丁寧に描く。

スリランカ内戦の元兵士で、現在は作家のアントニーターサン・ジェスターサンが圧倒的な存在感で主人公を熱演。守るべき家族のために戦う男の無私の愛に胸が詰まる。

原題「DHEEPAN」やっぱり原題の方がいい。
予備知識なく鑑賞。予想と違い地味な話であったが、この地味な話をここまで格調高く気品あるものに仕上げてるのは感嘆ものだ。
監督はジャック・オーディアール、「預言者」の人か、さすがや、この人が今世界で一番ハイレベルな映画監督だろうな。

内戦続くスリランカからフランスに亡命した偽装家族の物語。
スリランカは行ったことがあり、カレーも美味しく人々も優しく平和な時を過ごしたが、訪問した寺院で翌日自爆テロがあったり危険と隣り合わせな一面も確かにあった。
宗教、民族紛争の絶えぬ涙の国なのだ。

日本だったらシナリオレベルで映画化は絶対されないだろう、エンタメ要素がゼロだし何が面白いのか見出せないだろう。
しかしジャック・オーディアールのまなざしはすごいな、素人っぽい役者を本物にさせてしまう。

ディーパンやその家族はもちろん、フランスのチンピラもボケ老人も全て本物より本物以上の存在感を放つ。
文学的、詩的な映像、ストーリーの最期にドンパチがあるが、このシーンは北野武も嫉妬するだろう。

ラスボス?じゃなくて危険な最期にたどり着いたら既に相手はこと切れていたというシーンもリアル。
革命戦士とはいえ、ディーパンが無敵すぎ、強すぎるのは幻想の物語なのだからそうでなくちゃならないのだろう。
恐怖と怒りと絶望が主人公をこうさせる、これまた北野武と同じだ。

ラストは恐らく幻想、死後にみた夢だろう。
絶望のままに終わらせず希望の光をみせるのがこの監督の特徴でもある。

誰にもお勧めできる映画じゃないが、これは珠玉の名作だ。ジャック・オーディアールを観るには心構えが必要で家族や恋人とポッポコーン片手にとはいきません。
心して観るに値する神聖な時間になります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, MOVIE

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.