BLOG MOVIE

薄氷の殺人

更新日:

『薄氷の殺人』(はくひょうのさつじん、原題:白日焰火、英語題:Black Coal, Thin Ice)は、2014年の中国・香港合作映画。ディアオ・イーナン監督。
連続殺人事件の被害者たちに関わる女と、彼女を愛してしまう警察官を描いた。

直訳すると「白昼の花火」英訳は「石炭と氷」映画的には秀逸なタイトル。
日本だからか、韓国ものもだけど「悪魔」とか「鬼」とか「殺人」というタイトルに変えちゃうのが大好きね。
サスペンス、謎解きはおまけですから。

中国は大国だが映画は少ないのか、レンタル屋であまりみかけないし暗く、貧乏生活を描いたヒューマンものが多く積極的になれない。
ただ、数は少なくともはるばる日本、海外までやってくるものは佳作、秀作が多いのだ。これもストーリーはどうってことないが、映像の余韻が忘れられない。

中国の地方都市は砂埃にまみれ、まずく安い食堂やうらぶれたビリヤード場、巨大な宴会場?ナイトクラブ?のようなものがポツンポツンと点在しているだけでひどく退屈だ。しかも絶望的に広く、別の街は遠い。人は無学で粗暴、さらに方言がきつく覚えたての北京語じゃ通用しない。

そんな退廃と絶望の街で殺人事件が起ころうにもまともな捜査や検挙はなかなか進まないだろう。この映画でも有能な刑事は主人公含め一人もいない。
そして、そんな土地で儚く光る照明や寒くて暗い街を照らす街灯の美しさは白眉だ。
そういう映像美と退屈でイラつくだけの日常を忘れさせる薄幸そうな美人の主人公だけが輝いてみえた。

空間、時間、温度を共有するような映画だ。ストーリーではなく映像が余韻を残す作品。

けど、絶対あんな肌のきれいな美人はこんな荒れた土地にはいないさ、と調べてみたら台湾の女優でした。
やっぱり薄い美人でも大都市にしかいない手入れの届いた顔だものね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, MOVIE

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.