BLOG NOVEL

天国でまた会おう

更新日:

膨大な犠牲者を出して、大戦は終わった。
真面目な青年アルベールは、戦争で職も恋人も失ってしまう。画才に恵まれた若きエドゥアールは顔に大怪我を負い、家族とのつながりを断つ。戦死者は称揚するのに、生き延びた兵士たちには冷淡な世間。支え合いながら生きる青年たちは、やがて国家を揺るがす前代未聞の詐欺を企てる!
第一次世界大戦後のフランスを舞台に、おそるべき犯罪の顛末を鮮やかに描き上げた一気読み必至の傑作長篇。ゴンクール賞受賞作。

日本語訳されているピエール・ルメートルの最後の作品になってしまった。
やはり「アレックス」を超える興奮はなかった。

そもそもこの小説は趣が全く違いサスペンスやミステリではない。群像劇か、時代劇か・・・
この作家の力量を存分に感じることはできたがなかなかきつい読書となってしまった。

一応、主人公というべきアルベールに共感とか覚えずひたすらもどかしいだけだったが、国際指名手配されたとはいえ彼だけが幸せを勝ち得たのかな。
様々な登場人物の誰も共感できる人物がおらず、唯一、皆の嫌われ者、人生の敗者といえるメルランやチョイ役のルイーズの方が味わいがあった。
でもそれでは虚しすぎる。

ただ、あのグロさ満点のルメートルがこういう作品も書けるんだという点に関心した。
たしかに大作であり、フワフワしてクールっぽいが全然現実感のない遊びのような本を書く村上某とかとは次元の違う作家であると確認はできた。

さぁ、次の作家を探しに行こう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, NOVEL

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.