BLOG MOVIE

インサイダーズ/内部者たち

更新日:

大統領選を控え、ミレ自動車のオ会長(キム・ホンパ)は与党新正党のチャン・ピル(イ・ギョンヨン)に大金を投じて政治をも牛耳ろうと画策していた。裏でその糸を引いていたのは祖国日報主幹のイ・ガンヒ(ペク・ユンシク)だ。ある日、彼の裏の仕事を請け負っていたアン・サング(イ・ビョンホン)に、極秘の裏金ファイルを回収するよう指示が下る。

原題 INSIDE MEN
イ・ビョンホンがイケメンすぎるので敬遠していたが他になく鑑賞。
韓国で一番ヒットしたというのがうなずけるほど面白かった。最近では「新しき世界」と同じレベルの怪作ではないだろうか?
いかにもハリウッドが買いそうな娯楽大作だが韓国だから、下品だから面白いのかも。

このサイトを立ち上げたのが最近なので書いてはないが、韓国映画、とりわけ、バイオレンス、サスペンスものには秀作が多い。
何が優れているのかといえば

面白い
テンポがいい
エログロ
残虐

なところかなとおもう。
日本のような漫画は漫画でも韓国の場合、大人の鑑賞に堪えうる土臭さがあり、シナリオと完成度が違うんだろう。
でも、所詮は漫画的、真似、コピーの発展、応用、わかりやすさは徹底している。

エログロが嫌いなヒトでなければ誰にでもおすすめできる面白い作品ばかりで、内容は省略するが、鑑賞、堪能した後でふと疑問におもうことがある。

いわゆる、よくある、巨大権力に立ち向かう無力な庶民やゴロツキの復讐劇なのだが、世界共通でこうしたテーマが人気を呼び、溜飲が下がるおもい、日ごろのうっぷんを晴らす最良の薬となっているのには、ヒットするから、売り上げが上がるから以外になにか理由があるのではないか?

政治家も警察権力も巨大企業もボロクソである。面子丸つぶれだ。
国民の信頼とか市民の安全と平和のためとか組織の面子がどうとか言うわりに逆の事ばかり起こるし、それを扱うフィクション作品が盛り上がる。

言論や表現の自由とはいえ、こんな作品ばかりが世に出るからには何か意図がないだろうか?

つまり、政治家や警察や大企業は立派であると思わせておくことよりも、腐ったクズばかりだ、大嫌いだとおもわせた方が好都合なのではないか?
本当は現実世界の方がもっと腐っているという事実を隠す目くらましではないか?

いわゆる3S政策、Screen(スクリーン=映画)、Sport(スポーツ=プロスポーツ)、Sex(セックス=性産業)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策の一環なのだろう。

逆になるとそれこそ北朝鮮のような状況で、むしろやりにくくなる。
権力者やエリートや金持ちには嫉妬せよ、庶民は敵意をむき出しにするくらいの方が権力側はむしろ好都合なのだ。
この映画でスッキリした、楽しかったと感じてもらえりゃ意図通り。

そこまで感じてしまい、素直に楽しめなくなってしまった、そんな映画でした。

映画の細部で愉快だったのはイ・ビョンホンがそこまで無敵なスーパーマンではないこと、大勢に殴られれば負けてしまうこと。
権力者たちの全裸大会が下劣で、ここまで演技、映像にしちゃうかということ。
政治も経済も世論も動かしてしまうほどの巨大権力でも、ただの隠し動画でひっくりかえされてしまう稚拙さ。

などです。

怖いけどおバカ

それが結論なのかな。

何か、意図的なものに左右されず、とにかく無関係・無関心に過ごそう。
そんな痛快だけど不愉快でもある映画でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, MOVIE

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.