BLOG MOVIE

The Raid: Redemption

更新日:

インドネシアの麻薬王が支配する30階建ての高層ビルを舞台に、SWATとギャングたちが銃撃戦や肉弾戦などし烈な死闘を繰り広げる驚がくのノンストップ・アクション。

ギャングの巣窟に強制捜査に入った20人のSWAT隊員が、住人たちの激しい反撃に抵抗しながら戦うさまを描く。

原題:The Raid: Redemption

アマゾンプライムで鑑賞。
やはり本当に観たくなるようなラインナップではないが、家が限りなく無料のレンタルビデオ状態なのはいい。テレビはもはやアマゾンだけにしか利用していない。

これは頭を空っぽに、何も考えないで楽しむゲームのような映画で、最初から最後まで全編アクションだ。15階にいるボスを倒すべく1階から攻略していくだけの映画です。

敵多すぎ
全員強すぎ

と書かれている通りの内容で、アクションシーンが秀逸です。
インドネシアにはシラットという格闘技があるそうで、武器なんでもありの殺人コンバットですが、その達人たちの達者なバトルが見ものです。
悪は悪、主人公は善と非常にわかりやすく無駄のないセリフと進行です。余計なメッセージもテーマもありません。

ゲームクリアしたような爽快感が味わえます。

人気になったので続編が出来たそうですが、ビルからジャカルタの街に移動してスケールが増したようです。女戦士や日本人まで出てくるそうですが、むしろ出来が悪くなったんじゃないか心配です。出てる人も濃いとか松田優作の息子というだけで特別な存在感など何もないし。

監督は三池崇史や北野武が好きで相思相愛な感じでスケールアップしていくのでしょうが、彼らの映画が全て素晴らしい訳でもないのでつまんなくなりそうだ。

-BLOG, MOVIE

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.