BLOG MOVIE

奴隷の島、消えた人々

更新日:

天然塩の生産地として知られる離島で起きた殺人事件のニュースが韓国内を駆け巡り、人々に衝撃を与える。さらに一般市民を驚かせたのは、塩田関連施設で知的障害のある人たちが人身売買により奴隷並みに強制労働させられていた現実だった。

さらに事件を追っていたテレビ局の記者ヘリ(パク・ヒョジュ)は、意識不明となってしまい……。

原題「No Tomorrow」

原題の方がかっこいい。邦題はまんまやん。

最近アマゾンプライムばかりで韓国映画もほぼ網羅はされているが、これは有料で鑑賞。有料だとツタヤに行った方が安いんだけどすっかり出不精で。
近いうちに産業崩壊するでしょう。

韓国映画に飢えていたので無理やり鑑賞。塩田で知的障害者を奴隷のように働かせていたというストーリーまでは実話だそうです。ドキュメンタリータッチ、モキュメンタリーという作風で構成されるのでリアリティはそれなりにあり、韓国の島での殺人話は傑作が多い。これは佳作止まりか。

奴隷労働から踏み込んだストーリーが映画ならではのものでしたが、もうちょっと簡単に犯人の目ぼしはつきそうなものだ。静かなる変質者役の多い役者が出ていたのでこの人が鍵である事は想像ついてしまった。上手いな、いい人風の悪人役が。

それなりに楽しめますがもう2ひねりくらいの展開があればさらに良作になったとおもうと残念ではある。
でも、犯罪者が好んでああいう風に隠れているというのはありえる話だとはおもうんで、興味本位や正義感で深入りせぬ方がいいのかもしれない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, MOVIE

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.