BLOG ボヤキ

とっとと消えて欲しいもの

更新日:

運営サイトをかなり減らしました。
さらには、サーバーも見直しかなりの引っ越しをしました。

専用サーバーとか何だったんだろう?安い共有サーバーで様子を見てますが、スペックも表示速度も過去以上に感じます。

経費は10分の1になりました。
時代と共にこれらは加速度的に変わるものです。
是非、イケてるサーバーを探したいものです。

ただ、ドメインの移管というのが昔より難しくなっている気がします。他社に譲ったドメインでは認証キーエラーと言われましたが正しいものを送っているし、自身、何度か引っ越しをしwhois情報に不備があるのか移管失敗になるケースも。ドメインだけは引き続き対策せねばならない。

今も昔もサイトを立ち上げた時がスタートであり、どんなタイミングでも遅いという事はない。そこから数年経てば(放置ではなく)立派な老舗サイトにもなりうるのだ。

廃業も新規も巡る世の中、先細りといえど永遠に続くだろうから、WEBサイト運営は依然、価値があるとおもいます。

10個作って8個は失敗だったかな。可能性は無限だとおもいますが、やっぱり、外注して作ったものや、協業のような他力依存のものは上手くいかないものだと実感しています。

サイトで稼ぐ、ビジネスを考えるのであれば、自身が中心となって、アイデアだけでなく技術的な仕組みまで、ある程度は理解できるような素養、教養が必要だと強く感じます。

社長がコロコロ変わる大手IT企業がどのような仕組みで成り立っているのかよくわかりません。経営のプロでありITのプロではないのか?

そういうところも一見ゴージャスで最先端を走っているようにみえ、実は株主や投資家の資金調達や大手ベンチャーで成り立っているだけであり、利益化、マネタイズは大変なのだろう。

最近、WordPressの運営会社が本社オフィスを閉鎖しリモートワークに完全移行しましたが、本来ITというのはそれが可能、その方が効率、機能的であるとさえおもいます。

その点、日本の場合は新宿・渋谷・六本木を中心に巨大なオフィスを構え、社内サービス、環境を整備していますが、その発想自体が時代遅れ、ITにマッチしないものだと感じます。

たぶん、そのあたりに集結することで、権力者とのコネ作りや人脈形成に有利なだけなのではとおもっていますが・・・
それが、日本が海外と違って世界に誇る独自サービスを作れない一因だったりするのかもしれません。群れるのだったら誘惑の少ない田舎にすべきです。

そういう日本特有の常識や価値観はとっとと消えて欲しいものです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.