BLOG MOVIE

キス・オブ・ザ・ドラゴン

投稿日:

リュック・ベッソンが「ロミオ・マスト・ダイ」のジェット・リー主演で製作したアクション。

麻薬捜査のため中国からパリにやってきた捜査官リュウ。地元パリ警察のリチャード警部とともにフランス―中国間で麻薬密売を行う中国人ギャング、ソングの逮捕に向かうが、闇で麻薬密売の独占を狙うリチャード警部によって、ソング殺害の犯人に仕立て上げられてしまう。逃亡するリュウは途中で娼婦ジェシカと出会うのだが、彼女もまた、リチャードに騙された一人だった……。

他の映画評をみていたらこういうシチュエーションだと「キス・オブ・ザ・ドラゴン」の方がいいとか出てきて気になっていた映画だったので鑑賞。
AMAZONプライムにはなかったが、レンタル落ちDVDが1円だったので購入。こういうのは送料が300円くらいかかるので結局レンタルしたのと変わらない。

レオンのリュック・ベッソン監督なのでコテコテのエンターテインメントであり、深みはないしやっぱり色々と漫画的で古いと感じてしまったが、ジェット・リーのアクションだけは美しいな。あまりに無双、銃さえ通じないのだから強すぎてドキドキはなかったが、彼のキレのあるアクションを堪能できる作品だ。

背も低くて正統派イケメンともいえぬ気がするが、中国武術で5年連続優勝と言う本物のバックボーンを持っているだけのことはある。こういうのが国際的な映画スターなんだろうな。アジアはカンフーマスターだけで、日本にはいませぬ。

今となっては甲状腺の病気を抱え、心臓の動悸を薬で抑えている状態のため、カンフーはおろか簡単な運動もできない状態らしい。
自分も同じ病気なのでものすごく共感できるスターです。

わかりやすいエンタメアクションでスカッとしたいならオススメです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, MOVIE

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.