BLOG ボヤキ

企業が陥る7つのSEOの間違い

更新日:

元ネタ(英語)を最後に提示しますが、日本語でも同じかとおもいます。自分への戒めのために残しておきます。企業が陥る7つのSEOの間違いだけでなく、そして後になって後悔するとまで書かれています。

①ホームページをデジタルパンフレットとして扱う

PDFなど本当の意味でパンフレットとして使うなら問題ありませんが、サイト全体をこのように扱う事はSEOには極めてよくないです。
デザイン主導型のホームページはSEOを無視したものになりがちです。コード、コンテンツがサーチエンジンの自然検索に紐づけられるものなので、デザインはその対象になりません。ランディングサイト(LP)など(私はウェブチラシと呼んでいます)は問い合わせに直結すると言われますが、リスティング広告などお金を払って検索順位を買うことではじめて成り立ちます。ランディングサイトが自然検索で上位表示されることはありません。

②スマホサイトを軽視している

モバイルファーストインデックスという呼び名で、Googleはスマホに最適化されたサイトを優先上位表示すると宣言しています。PCサイトがスマホでも普通に表示されているからいいやとスマホ専用サイトを無視していると検索で嫌われます。スマホ専用サイトを作れというのではなく最近常識となりつつあるレスポンシブ(モバイル互換)テーマを使うことで問題ないですしGoogleもこれを推奨しています。

③検索結果ばかり重視している

ブログのような更新性のないコーポレートサイトの場合、検索上位表示されても、そこから問い合わせ等に発展することはありません。誰もあなたのブログを購読していない場合、メールを送ったり、商品を購入したりすることはありません。あなたのウェブサイトがサイト訪問者に次のステップを遂行させない場合、検索結果は何も意味しません。営業メールが増えるだけでしょう。

トラフィック量ではなく、コンバージョンを最大化するキーワードとフレーズにSEOの取り組みを集中させる。これには、結果を定期的に分析し、有効性を評価する必要があります。何のためのホームページなのかよく考えましょう。

④読み込み速度を軽視している

ページの読み込み速度は、Googleのウェブサイトランキングとコンバージョン率に影響します。満たされた現代では、遅いページはユーザーを追い払ってしまいます。体感速度でかまわないとおもいますが、PCだけでなくスマホなど様々な環境で読み込み速度が遅いと感じたら、サーバーやサイトの設計を見直す必要があります。ページの読み込み速度がどの程度か不明な場合、Googleの無料のPageSpeed Insights Toolは、それらを分析し、改善方法に関する提案を提供するのに役立ちます。

⑤ソーシャルメディアの潜在的な影響を無視している

Googleとソーシャルメディアの関連は明確ではないですが、ホームページを所有しているだけでなく、ソーシャルメディアと上手く連携させてマーケティングを行うことがもはや常識となっています。不特定多数の多くのユーザーに情報を届ける最良の手段です。高品質のブログコンテンツを制作し、それをソーシャルメディアに共有して読者を引き付け、業界内で権威ある評判を確立することが可能です。

⑥自分だけ、あるいは社内だけで完結できると勘違いしている

SEOには、戦略的なキャンペーンの開発、キーワードの調査と分析、コンテンツの作成、アウトリーチとリンクの構築、ウェブサイトの設計と開発を含む、動く部分のめまぐるしい量があります。DIY的にやっているだけでは追いつかないだけでなく無駄なことをしているだけかもしれません。プライドを捨てて、評判のいいインターネットマーケティング会社の助けを借り入れることを検討してください。SEO戦略を開発して適用する方法を知っている経験豊かなパートナーにSEOをアウトソーシングすることで、全体的なビジネス目標を達成するための強固な軌道に乗ることができます。

⑦非現実的な期待を持つ

SEO戦略はすぐには結果が得られません。時間と忍耐が必要です。一般的に、SEOの努力は、6ヶ月~1年以上を必要とします。サイトを作ったからといってすぐに結果を求めすぎると、お金を無駄にしてしまい、長期的なメリットを逃してしまいます。多くの人は出来たばかりのサイトに過剰な期待をし、効果がないと気持ちが冷めてしまい更新も止まりますが、スタートで息切れしているのと同じことです。ここから数年の継続と忍耐が必要なのです。SEOは時間の経過とともに勢いを増す進行中のプロセスであることを理解してください。

⑧まとめ

制作会社からの営業や指摘でタグをこう直してくれとか、リニューアルしたいとか、ごっそりと仕事を横取りされてしまうような事があります。それは私の力不足でクライアントの気持ちなので仕方がない事だとおもいますが、それ以前に

  • ちゃんと更新していますか?
  • また訪れたいとおもえるようなサイトですか?
  • アクセスが多ければ注文や問い合わせが増えるような内容ですか?

という視点でサイトを見直してみてください。
検索順位だけならお金で買えますので検証してみてはいかがでしょうか?

検索上位表示されても、次の行動に移らない、そんなホームページでは無意味です。
なので、小手先のSEO対策は意味のあることではなく、サイトの内容を充実させる事が一番大事です。
見た目よりも、質と量が大事であり、時間がかかるものです。

新規、あるいはリニューアルで即効果を期待するのは無理です。年間スパンで更新の継続をする事が大事です。SEOで一番大事なサイトタイトルをコロコロ変えるのも愚の骨頂です。ゼロスタートにリセットするのと同じです。

個人的には
自分だけ、あるいは社内だけで完結できると勘違いしている

が自分の戒めです。つい、「ウェブは心理学だ」と自分の直観だけに頼りがちになります。予算が余ったら、いや赤字覚悟でも、将来を見越して投資する、小手先でない他者の意見やノウハウを取り入れる柔軟性が必要だよなぁと感じます。ただ、本当のノウハウに小手先はなく、成功してたら自分で生かし、営業はしないのが本質だとおもいますので、いい業者を探すのは実はかなり難しいです。

よく、SEOコンサルだとか、ウェブコンサルなる人がいますが、それは過去に成功体験があるか、その受け売りなだけです。過去に成功していても今はコンサルやセミナーがメインの仕事、収入源になっちゃっている人たちなのです。

現在進行形で成功しているのであれば、そのノウハウは自分で生かすだけですし、コンサルやセミナー仕事などしません。現在進行形の成功者は表に出てきません。

不動産や株などの投資と同じです。

「お客さん、絶対儲かる話ですよ」
「だったら自分で買えばいいじゃない」

です。そんないい案件(ノウハウ)を他人に紹介するでしょうか?

唯一の方法は隠れている成功者を見つけ出し、お願いすることです。
そこで明らかにされるノウハウは決して小手先のものではないはずです。

-BLOG, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.