BLOG WORDPRESS ボヤキ

さくらサーバーのSSL化の不具合を解消する。

更新日:

安いから?なんでこのサーバー利用者が多いんだろう?ワードプレスの運用に適しているとはいえません。2017年、10月17日(つまり執筆時点で本日)無料化されたSSLでの問題発生と解消法を備忘録。

クライアントサイトのリニューアルにあたり、おもいきり個人情報大事系サイトであったので、SSL化を強く推奨しました。けれどお客様のサーバーはさくらサーバー。2017年、10月17日(つまり執筆時点で本日)までスタンダードプランでのSSL無償サービスはなかった。

ちょうどいいタイミングなので本日付けでSSL化を施した上でリニューアルをしました。が、他のサーバーと違いクセがあり、数分で終わるはずが半日仕事になってしまいました。

まず、さくらサーバーはワードプレスの自動インストール機能はあるが、データベース自動作成機能はなく自分で設定しなければならないし、ドメイン直下にインストールできない。必ずフォルダを作成せねばならない。

これの解消法は以下にご丁寧に書いてある。

さくらサーバーでワードプレスをドメイン直下に自動インストールする方法

けどこれだけでも面倒くさいったらありゃしない。
しかも不必要なプラグインがたくさん入っている。

手順に沿ってSSL証明書を発行し、あらかじめ、別サーバーでSSL化した上で新規作成したサイトを、得意のAll-in-One WP Migrationで一気にぶち込み・・・

もう、これだけで終わるはずの作業だし、無事終わったように見えたが、トップページだけであった。その他ページのCSSやjavascriptが崩壊していた。

その解消法も以下にご丁寧に書いてある。

SSL(https)化した時に個別記事ページのCSSが適応されずレイアウトが崩れるトラブルの解決法-WordPressさくらインターネットの事例-

これで直らなければ、また別の手段を模索するしかないが、直った、いや、改善されただけである。直ったように見えて、表示のおかしな部分がたくさん残ってしまった。

ここで大いにくじけてしまい、何度も最初からやり直したりで時間を無駄に浪費・・・

今日はじまったばかりのサービスだから、不具合が出るんだろう。もうちょっと様子をみようとおもったが、最後にふと気になった部分だけ見直すことに。

wp-config.phpに下のコードを追記します。

// SSLを伝える
if( isset($_SERVER['HTTP_X_SAKURA_FORWARDED_FOR']) ) {
$_SERVER['HTTPS'] = 'on';
$_ENV['HTTPS'] = 'on';
}

これ、wp-config.phpの一番下に記載すると読み違えてました。

上に記載することで、全てが直りました。

下に記載して効かないなら気づくが、一部は効いて改善されるので、書き込む位置でこんな挙動違いを起こすなど考えもしませんでした。

これだけのために半日棒に振りました。
これは今後もトラブル続出となるでしょう。

さくらサーバーユーザーには便利な専用SSL化プラグインも最初から入っているが、新規でSSL化して作ったサイトには必要なのか、今回のように別サーバーでSSL化済みのサイト移転にも必要なのかよくわからん代物である。このプラグインの有効化、無効化を繰り返しているとブラウザがリダイレクトループでサイトを強制停止してしまうから注意が必要だ。

色々、このサーバー特有の問題を解消するためにゴニョゴニョすれば解決はする。多くのブログで解決法が書かれていくだろう。しかしこのサーバーのためだけに余計な手間は割きたくない。ゴニョゴニョやってなんとか問題解決しても、サーバースペックも決してよくはないから、他のサーバーに移転するとして、このゴニョゴニョは意味をなさないというよりも余計なコードになってしまう。

安いし無料SSLもついた。魅力的なサービスにみえます。しかし問題なくスムーズにはいかない。

細かな事ですが、ほんの少しの便利さと、速度も含め、さくらサーバーでワードプレスを運用する意味はない。と言わざるをえない。SSL化は特に手間がかかり、初心者には厳しい。月500円からという安さが売りなんだろうが、明らかに遅い。今も昔もこのサーバーには馴染めない。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, WORDPRESS, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.