BLOG MOVIE

九龍猟奇殺人事件

更新日:

香港の九龍を舞台に、十代の少女が被害者となった猟奇殺人事件の全貌を描く実話を基にした物語。

原題「踏血尋梅/PORT OF CALL」

少女の血を追って、寄港地
そんな意味かな、切ないなあ。やっぱり原題がいい。

韓国がないなら香港でもとおもって借りた映画。
主演の刑事は冴えない装いをしてますが、香港でもトップレベルのイケメン人気俳優です。知ってます。

実話を基にした映画であり、謎解きものではなくいきさつを追ったドキュメンタリーチックな作風なのでエンターテイメントではありません。重く、考えさせられる作品です。

主演したジェシー・リーという女優が体当たり演技で、きちんと売春婦を演じているし、犯人のでぶっちょも死んだ目をしており、この2人の抜擢とハマリ方が作品の質を高めた。そしてトップイケメン男優が話題を集めるという・・・

こういうストーリーはありそうでないという現実から、なさそうである時代になりました。若者の抱える絶望は未来に留保させる事もできず、今まさに絶望しており、死ぬほど耐えがたいのです。

けれど、もうちょっとだけ自暴自棄にならず孤立せず、社会と関わっていけば、小さな事でも幸せや生きがいがみつかるはずであるとおもうと切ない限りでした。

雰囲気が達者なのは、クリストファー・ドイルというカメラマンの世界だからだとおもいますが、女性的芸術感が出ていて自分の肌には合わない感じです。

どうだ、クールで切ないだろと訴えてくるようで。

無音でもいいくらいだとおもいます・・・

決して面白い映画ではないですが、余韻が残る作品です。
そして女優はこの作品の限りにおいて素晴らしかったです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, MOVIE

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.