BLOG WORDPRESS

ワードプレス4つの翻訳プラグイン

投稿日:

サイトの多言語化は可能性を広げます。日本から世界のユーザーに扉が開かれるからです。プラグインひとつでこれが実現可能になります。

けれど、運営サイトの性質や作業を考慮すると意味のないサイトもあります。有効なサイトであっても、どれを選択すべきか、何が最適であるのか変わってきます。

ここでは4つの翻訳プラグインを掘り下げてみます。
まず、前提として、翻訳にはタイプがあります。

マニュアル翻訳
プロの翻訳者に任せるか、自分で翻訳する必要があります。
既に膨大な量のコンテンツがあればお金がかかりますし、運営、更新に時間がかかります。

自動翻訳
機械翻訳を生かしてサイトを自動的に翻訳します。正確な翻訳は望めません。しかし瞬時に多言語翻訳が可能になります。
サイトに機能を組み込まなくてもブラウザに機能があるので不必要におもわれますが、ブラウザ機能を知っている、使う人がどれほどいるでしょうか?

複合翻訳
機械翻訳をベースに、直したい部分はマニュアルで手直しが可能です。

1. WPML

WPML

世界的に最も有名な翻訳プラグインです。けれど有料です。マニュアル翻訳の定番プラグインです。
自分で不可能な翻訳はユーザー別に翻訳を任せる機能があったり、プロの翻訳家に同期し翻訳を依頼する事もできます。

言語別に様々な要素を生成するのでSEOフレンドリーな翻訳ツールであると言えます。

価格
多言語ブログ - $ 29
多言語CMS - $ 79(1年ライセンス)または$ 195(一生ライセンス)

2. Polylang

WordPress 多言語サイトを作成

By WP SYNTEX

(1,207)
Last Updated: 1日 ago
500,000+ Active Installs
Compatible up to: 5.3

無料版とPolylang Proの両方で提供されています。Polylang Proを使用すると、より多くのコンテンツを99ユーロで翻訳することができます。

Polylangは、ダッシュボード内からコンテンツを手動で翻訳するオプションがあります。PolylangはLingotek翻訳プラグインと統合されており、より豊富な機能を備えた翻訳管理システムを提供しています。Lingotekをインストールすると利用できます。

  • 機械翻訳によるサイトの自動翻訳
  • 翻訳者にコンテンツを翻訳させる
  • 専門のサービスに翻訳を委託する

Lingotekの翻訳管理統合を除いて、Polylangの翻訳インタフェースはWPMLに非常に似ています。SEOフレンドリーに翻訳ページを作成できますが、無料版は機能がかなり限られます。

3つの有料プラン

Polylang Pro - €99.00
WooCommerceのためのPolylang - €99.00
WooCommerce用Polylang Pro - €130.00

3. Weglot

Translate your website into multiple languages without any code. Weglot Translate is fully SEO compatible and follows Google’s best practices.

By Weglot Translate team

(930)
Last Updated: 1週間 ago
20,000+ Active Installs
Compatible up to: 5.3

WPMLとPolylangはアプローチがとてもよく似ていますが、Weglotはかなり違います。手動翻訳のオプションも豊富に用意されていますが、自動翻訳を重視しています。WordPressのダッシュボードからすべてを行うのではなく、翻訳を管理するためのクラウドインターフェイスが用意されています。SaaS型でプランを選んで有料決済します。

WPMLとPolylangは、サイトを設定した後、手動で翻訳を作成しなければなりませんでした。しかしWeglotは反対のアプローチをとっています。Weglotを設定するとすぐに、機械翻訳を使用してサイトを自動的に翻訳します。なので最初から完全に翻訳されたウェブサイトを所有した事になります。しかし、機械翻訳は決して完璧ではないので、次のステップを検討させます。

  • 自分で手直しをする
  • プロの翻訳サービスにアウトソーシングする

Weglotは、WordPressサイトのダッシュボードではなく、WeglotのWebサイトでアクセスできる2つの編集インターフェースが用意されています。

あなたが翻訳する必要がある単語の数
1か月に翻訳されたコンテンツのページビュー数

によって値段が変わってきます。

課金を使用するため、Weglotの使用を中止すると、翻訳されたサイトのバージョンが動作しなくなります。
人気急上昇のサービスだそうです。

4. TranslatePress

Easily translate your entire site directly from the front-end and go multilingual, with full support for WooCommerce, complex themes and site builders …

By Cozmoslabs, Razvan Mocanu, Madalin Ungureanu, Cristophor Hurduban

(135)
Last Updated: 4週間 ago
50,000+ Active Installs
Compatible up to: 5.2.4

上記にあげた翻訳プラグインの中間のようなものです。無料バージョンがあります。

TranslatePressを使用すると、3つの翻訳スタイルをすべて簡単に使用できます。

最初にプラグインをインストールすると、デフォルトでは手動変換になります。設定に入ると、Google Translateを使って自動翻訳を有効にすることができます(これを行うにはGoogle Translate APIキーが必要です)

自動翻訳オプションは、手動で翻訳されていない文字列のみを翻訳します。手動での作業を上書きしないようにする素晴らしい方法です。また、後でこれらの翻訳を手動で編集することもできます。

Translator Accountsアドオンを使用して、フロントエンドからサイトの翻訳を管理できる専用の翻訳者アカウントを作成することもできます。他の3つのプラグインのようにプロの翻訳サービスとの連携機能はありません。

TranslatePressのコアプラグインは無料ですが、
SEO Pack Addonなどにアクセスするには、79ドルから3種類の有料プランがあります。

全て、世界中で愛用されているプラグインですので優劣はつけれません。自分の翻訳スキル、時間、価格などと照らし合わせて使うといいとおもいます。

貧乏な自分は、自動翻訳と手直しで十分、無料でできる範囲でいいとわりきっていますが、サイト運営の加速や翻訳精度の向上、SEOまで考慮すると、ガッツリお金をかけてやるべきだとおもいます。

よほど、お金と時間をかけれるサイトでない限り、手動翻訳で複数言語を運営しきれないとおもいます。
なので自動翻訳の未来に可能性を感じています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, WORDPRESS

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.