BLOG WORDPRESS ボヤキ

【Gutenberg】WordPressの新エディタ

投稿日:

5.0から搭載されると言われていた新エディタ『Gutenberg (グーテンベルグ)』ですが4.98でも使用を促す大きな宣伝が出るようになりました。クライアントワークでお客様を管理者に設定している場合は出てきてしまい、ポチっとしてしまってから、変わった、使い方がわからないなどと言われる可能性もあります。

Gutenberg

ブロックエディターは WordPress バージョン5.0で本体に導入されました。このベータプラグインを使用す…

By Gutenberg Team

(2,965)
Last Updated: 1週間 ago
200,000+ Active Installs
Compatible up to: 5.3

まだ触っていませんが、恐らく便利で急速に発展してきたページビルダー系の感覚で投稿ができるものだろう。ブロックを積み重ねるように自由なレイアウトで記事を執筆できます。

しかし、長くワードプレスに携わってきた身としては

アクセスの多い人気サイトは、レイアウトというよりもただただ文章を書いて、時々写真や動画を張り付けたり、とにかくスムーズに効率的に記事を書くことだけに特化したものであり、仕様を固めた運用サイトはカスタムフィールドを用いた入力になっているので、ページビルダーのアプローチはいらない。

コーポレイトサイトなど、デザインやレイアウト重視のサイトに限り有効といえるものかもしれません。

であればSiteOrigineとかBeaber BuilderとかElementorとか既存と共存できるページビルダー系プラグインの方がスマートじゃないか、これの類似を開発するか買収した方がいい。

初心者にわかりやすい、優しいというのを第一コンセプトに掲げているのでしょうが、活発な更新と良質なコンテンツを生み出しやすくする効率に特化して欲しいと願います。

そしてその一番のネックは、エディタじゃなくてログイン、ログアウトであり、ここをどうにかもっと簡単にして欲しい。ログインしっぱなしでいいじゃない、タイムアウトなんてしないで、それでもセキュリティを保全する何かを改善して欲しいなとおもいます。

アホな意見かもしれませんが、これをなんとかせんとクライアントユーズでの活発な利用が行われず、更新しない、放置なのにもっと効果を出したい、なんちゃってSEO門番の出番が増すばかりである。

既に簡単な更新方法は確立されているのかもしれませんが、スマホ更新やリモート操作含めて、そこらへんをもっと勉強して自分が楽になりたいものです。

この『Gutenberg (グーテンベルグ)』なるものがプラグインではなく強制、標準で組み込まれるであろう日が怖いです。
とりあえず何かのサイトで導入していじってみないと今後についていけん・・・あぁ面倒くさ・・・

安易に5.0にしてカスタムフィールドガシガシのサイトがぶっ壊れやしないか、心配な日々です。

WordPress5.0ではこのエディタが既存のものに変わって標準で組み込まれるそうです。
今までのエディタがいいという場合は

Classic Editor

以前の「クラシック」エディターを有効化し、TinyMCE、メタボックスなどを含む旧スタイルの投稿編集画面を使えるようにします。これらを拡張するすべてのプラグインに対応しています。

By WordPress Contributors

(742)
Last Updated: 3週間 ago
1+ Million Active Installs
Compatible up to: 5.3

これをインストールして有効化するしかないそうです。
また、プラグインを増やすのかぁ・・・

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, WORDPRESS, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.