BLOG ボヤキ

自分のためのスタートページが原点になる。

投稿日:

ポータルサイトやメディアサイトを作ると言っても、何をテーマにどのような設計にしていいかわかりません。全て一人で構築し運営していくとなると先も長いです。そんな時に、少しずれているかもしれませんが、昔からブレないのが、自分のためのサイトを作る・・・です。

作ったものが誰かのために役に立つ、ユーザーが集まるのが理想ですが、最初からそのようなものを目指しても無理です。
みなさんは、スタートページ、ブラウザを立ち上げたらまず最初にどんなサイトが起動するでしょうか?

私は今はGoogleです。そこからGmailに入るのが日課です。そういう人が多いでしょう。
初心者の方で何でも入りパソコンや、スマホの初期設定を何も変えていない人は各プロバイダのポータルサイト、Yahooなんかがスタートページの人も多いはずです。

そのままでも、新着ニュースはじめ、色々な情報が素早く入手できるし、そこからあらゆる自分好みのサイトに飛ぶのも楽なのでいいかもしれませんが、上級者になると自分専用のスタートページを持っているものです。

検索デスク:スタートページ

これなどは昔から有名なスタートページであらゆる便利サイトへのリンクが網羅されています。
久しぶりにみた今、これにスタートページを戻そうかなとおもったくらいです。

ですが、これはただのリンク集です。製作者自身のコンテンツも情報も何もないものですが、全てのスタートページとしては優秀でアクセスは膨大でしょう。

何を言いたいかといえば、サイトを作る上での主なテーマは自分のためのスタートページにしてはいかがでしょうか

という事です。

ユーザーのために、ではなくまず自分が必要な、自分が欲しい情報を集めたサイトを作ります。自分が書く記事以外は自分にとって有益なサイトのリンク集でもいいし、RSSで情報をひっぱってきてもいいです。

自分にとって興味のあるテーマ、好きなサイト、有益な情報を集めたサイトを作り、まずは自分がいつもここから何かをしていく、ここを出発点としていく、ここで一番効率よく情報収集できる場を作ればいいのです。

自分にとってのスタートページはもしかしたら同じ趣味や好奇心を持つ人にとっても有益なページになるかもしれません。ここへくれば、この情報が効率よく有益に収集、閲覧できる、その他の有益なサイトへのリンクや情報もあると認識されれば、他者にとってのスタートページになるかもしれません。スタートページにはならなくとも、毎日チェックするサイトにはなるでしょう。

このように、誰かのためにではなく、まず自分のために、自分にとって役に立つサイトを作ることが、爆発的なアクセスを生み出すサイトの原点になります。そういう趣旨ならば、ブログにしても時々何かは書けるはずです。

私がアクセスを集めるサイトの主旨もこれです。

誰よりも自分にとって役に立つ情報が欲しい、どうしたらもっと効率よく情報を収集、整理できるか、そればかりを考えています。

だから、会社やお店のサイトは効果がない、意味がないのです。
関係者以外、ほとんど興味を引く情報がそこにはないのです。

自分が毎日見たくなる、読みたくなるサイトを目指していけばいいだけです。
それなりに中身が充実して、価値ある情報でないと通用しないのは明白です。

何も難しくありません。

何も更新せず、中身も薄っぺらいままで効果を上げたいという考え方は根底から間違っているのです。
言い方を変えると、そのようなサイト(自営サイトが成功している)を運営している専門家、会社と付き合っていきましょう。
それが本当のプロです。成功事例を実現している、サイトの生かし方、盛り上げ方を知っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.