BLOG ボヤキ

【Google Search Console】サイト運営に役立つ、Googleの公式ツールらしい

投稿日:

Google Search Console は、Google 検索結果での自社サイトのパフォーマンスを監視・管理できる Google が提供する無料サービスです。

以前は「ウェブマスターツール」という名称で、その名の通り「ウェブマスター(Webサイトの管理者)」を向けのツールとして提供されていましたが、SEO専門家・マーケティング担当者・Webデベロッパーやアプリ デベロッパー等ウェブマスターに限らない「全てのユーザー」を対象とする方針を決定し、「Google Search Console」に名称が変更されました。名称変更に伴い、新たな機能も追加されています。

「Google Analytics」はサイトにアクセスされる前のデータは取得することができませんが、「Google Search Console」は、ユーザーがサイトに訪れる前の貴重なデータを取得できる、SEO対策に非常に便利なツールだそうです。

Google Analytics

サイトに訪問したユーザーが

「どこからきて」
「どのようなページを見て」
「どれくらい滞在した」

かがわかる

解析対象:サイト訪問後のデータ

Google Search Console

検索結果に自分のサイトが

「どのような検索ワードで」
「どれくらい表示され」
「どれくらいクリックされた」

かがわかる

解析対象:サイト訪問前のデータ

だそうです。

だそうですというのはここまで厳格な準備をしていないからだ。ついでにいえばGoogle Analyticsすらやってません。もっと簡単なアクセス解析で十分です。設定方法も数々のお役立ちサイトと今は違うのか、導入しても、タグの挿入などは求められません。やり方が違うのか?

これを導入した事で変わったという人もいれば変わらないという人もいる。
解析や対策はやりたい人がやればいい、導入は自由だ。

しかし、これの影響か、導入してから自分の運営サイトのreCAPTCHAの条件が飛躍的に難しくなり

表示されている信号機を全部選択してください。
→信号機部分だけでいいのかな、信号機を繋ぐパイプや電柱も含めるのかな?

お店の看板を全部選択してください。
→店なのか、病院、ビルなのかわからん

横断歩道を全部選択してください。
→目立つところだけでいいの?隅っこのほんの少しだけかかっている部分も必要?

といった感じで、自分のサイトになかなかログインできなくなりました。
Google Search Consoleを入れたからこうなったのか、単にreCAPTCHAの強度を変えたのか

本当に変化は外側からやってきて
何もない、平和な時間が訪れません。

なんてこった・・・

Google Search Consoleを関係ある全サイトに導入するなどうんざりだ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.