BLOG WORDPRESS ボヤキ

【Custom Translation Files】自分で作ったプラグインの翻訳ファイルを定番にする

投稿日:

サイトの更新よりも、ワードプレスコアの更新やプラグインの更新の方が多い。これに追われる日々、よくある事だとおもいます。何か解決策はないのかな。

少しマニアックな使い方、特殊な例だとおもいます。ワードプレスには素晴らしいプラグインがたくさんありますが、そのほとんどが英語(あるいはその他の外国語)です。

そのまま使える場合もありますが、クライアントワークでお客さんが弄る場合は使い方を指南したり、クライアントでも使えるように日本語に翻訳したり、これが日本語だったら使えるのになというプラグインは翻訳ファイルを自作したりすることがあります。

それでも、いいプラグイン、使えるプラグインに限って更新頻度も多く、更新するたびに日本語の翻訳は失われてしまいます。都度、FTPで翻訳ファイルを入れなおす作業が生じます。そんな時にこのプラグインを使うと、常に使う翻訳ファイルを指定することができるので、日本語環境が損なわれることがありません。

検証はしていませんが、翻訳ファイルを指定するというよりはアップロードできる機能が追加されるだけのようで、FTPでのアップロードの手間を省くものっぽい。

やっぱり更新すると、翻訳ファイルのディレクトリ自体更新されて日本語ファイルは失われるので、作成した翻訳ファイルはプラグインの翻訳ディレクトリではなく、別のディレクトリを用意してそこにアップロードさせておけば、常に更新、失われることなく使い続けることができるのかもしれません。

テーマもプラグインも昔に比べ、グローバル化、言語の垣根を越えて使える時代になってきたとは感じますが、完全日本語環境でこれを実現するにはまだまだ手間がかかります。そこまで気を遣うことってもうほとんどないですけどね。

様々な翻訳で、中国語は対応してるけど日本語に対応していないものとか結構あります。これが世界の常識なんだろうな。

Custom Translation Files

Allows you to set custom translation files for a particular text domain.

By Michael Uno

(0)
Last Updated: 4か月 ago
0+ Active Installs
Compatible up to: 4.9.9

-BLOG, WORDPRESS, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.