BLOG ボヤキ

固定観念を壊せ/ホームページの本質

更新日:

世間話のような雑文で失礼します。

会社やお店があるからホームページを作ろう。
みんなやってるからあんな感じのやつで

と、いわゆる、「コーポレイトサイト」とか「お店サイト」と言われるホームページを作るのが普通かとおもいます。

そんな言葉は本当は存在しないはずだが、誰が定義したのかな。

でも実は、そういうホームページはアクセスが低いです。
アクセスを上げるのも難しいです。
名刺としての効果しか発揮しません。

そういうサイトでアクセスが高いものがあるとすれば、誰もがしっている大企業かブランドだけでしょう。それでも、そのサイトで売り上げが増すことはないでしょう。営業メールだけなら増えるかもしれません。

アクセスが高いホームページ

それはブログです。
オウンドメディアと言った方がいいかもしれません。
体裁だけの違いで中身はほぼ同じです。

ホームページにみるべき、読むべきコンテンツが含まれているのですから当然です。
情報が欲しいからユーザーは見に来るのです。
更新されているからGoogleの順位も上がるのです。

言葉は違えど、同じことは繰り返し書いてきたのでこの辺で終わりにしますが

会社やお店があるからホームページを作ろう。
みんなやってるからあんな感じのやつで

という固定観念、常識を壊すことをお勧めします。

会社でも、お店でも、ブログを書き続けた方がずっとアクセスは伸び、ファンは増えます。

サイトの中にブログコンテンツがあるから大丈夫?
でもそれはあまり目立たないので見逃されてしまいます。
休業日のお知らせとブログを混在させてはいけません。

言い方を変えれば、会社概要も店舗案内も、もっと言えばEコマースでさえも、それをメインにするのではなく、ブログの中のたった1ページで収まるはずですから、ブログにそういうページを入れておくだけでいいのです。

ユーザーは経営者理念とか沿革とか組織図とか・・・そんなのがみたいのではないのです。
日々更新される新しい情報が知りたいのです。

ハズキルーペのCMは、社長(会社の人間)が考えて作ったそうです。最初は代理店やCM会社のクリエイターが我が物顔でもっとオシャレな企画をしていたそうですが

「俺の(会社の)金で作っているんだ、お前たちの作品(芸術)と勘違いするな」

と全部自分の指示で作り直したそうです。

だからあんなに視聴者に刺さる出来に仕上がったのでしょう。

それに引き換え、例えば大手キャリアのスマホのCMなどはドラマや映画のワンシーンのようなものです。
芸能大好き人間には面白いのかもしれませんが、私みたいな人間からすると白けるだけです。契約に繋がるのかなと疑問です。
あれこそまさしくプロ、クリエイターの自己満足作品です。
(というのは私の偏見であり、実際はあれに影響されたり契約に繋がるのでしょうが)

モノマネをするのではなく常識を覆すことで流行りを生み出す。
ホームページは作品(芸術)ではありません。情報です。

発想をひっくり返しましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, ボヤキ

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.