BLOG WORDPRESS

【tao-schedule-update】1記事の賞味期限というのは大体決まっている

更新日:

サイトのアクセスを増やす、検索エンジン上位表示を目指すのであれば、放置ではなく更新しコンテンツを増やしていかねばならないというのは1000回は言ってきたことですが、ただ漠然と書いては更新するのではなく、更新スケジュールをコントロールすることで、もっとアクセスを向上させることが可能です。

tao-schedule-update

Take a copy of an arbitrary post/page/cpt, change it an…

By TAO Digital

(26)
Last Updated: 9か月 ago
5,000+ Active Installs
Compatible up to: 4.9.10

といっても、ワードプレスには標準機能に予約投稿があるので、公開日時を操作すれば簡単に実現できますが、柔軟とはいえず、固定ページの更新をスケジュールすることはできません。期間限定イベントのように、ある期間で非公開にすることも自動ではできません。

このプラグインを用いれば、それらのスケジューリングが簡単に行えます。
各記事の投稿画面を開かなくても記事一覧からコントロールできます。

と、紹介しておきつつ、自分はワードプレスの標準機能でほとんど済ませています。
公開スケジュールを調整するほど記事を書き溜める、あるいは、日時を指定するほどの余裕はありません。書いたら即公開が基本です。

しかし、余裕があれば、3記事連投したぞと満足するよりも、その3つの記事を時間を区切ってスケジュール投稿してみてください。3連投した時よりも効果が高まります。

かなり、アクセスがあるサイト(ブログ)に限られますが、何も大量の記事をドカッと更新せずとも、1記事だけでも反響は増えます。新しい記事が更新されたら覗きに行くというアクションが生まれているのです。一気に公開してしまうと3記事の1記事目、2記事目は埋もれてしまいます。プラス3にはならないのです。

なので、複数記事を連続して更新するよりも、時間をあけて、最も効果的とおもわれる時間に合わせて公開をスケジューリングした方がいいです。多くの人がアクセスする時間、あまりアクセスのない時間というのがあります。それらを分析してスケジュールを決めた方が効果的です。

新しい記事を書かずに寝て迎えた翌朝よりも、深夜になにか記事をスケジューリングしておいて迎えた朝の方が既に朝の時点でアクセスが多いなんてことにもなりますし、そうなれば朝は休んで昼過ぎにゆっくり何か書けばいいかぁ、みたいにもなります。集中したい時だけ頑張ればいいのです。

サイト(ブログ)の反響、記事内容によりけりですが、1記事の賞味期限というのは大体決まっています。その記事の賞味期限が切れたころを見計らって新しい記事を公開する設定をしておけば、ただガムシャラに記事を増やしていくよりずっと効果的なのです。

上記は検証していますので確信できる事ですが、やっぱり予約するほど記事を書き溜めておくというのはなかなか大変です。

複数人でサイトを運営しているのでしたらかなり有効な手段です。

記事を書きましょう、記事を貯めましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
7seconds

sevenseconds

PHP CSS わかんないけどわかります。Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな人です。

-BLOG, WORDPRESS

Copyright© セブンセカンズ , 2019 All Rights Reserved.