ネット求人をするなら準備が必要

スポンサーリンク

求人サイトを運営していると、応募の来る求人、来ない求人というのが客観的にみえてきます。
なぜ、従来の新聞の求人チラシや求人紙、ハローワークに変わって、ネット求人なのかといえば、企業を具体的に調べることができるからです。

求職者は応募する前に候補企業を出来る限り調べます。

  • どんな職場で
  • どんな仕事で
  • どんなスタッフがいるのか

給与や待遇だけでなく、自分に合った職場なのか、能力を生かし、成長できそうな環境か調べるのです。そこが、従来の求人手法との大きな違いです。

単純明快です。「ここで働きたいな」とおもえる印象が必要なのです。

大手求人サイトになると、メールはもちろん、企業ホームページや電話番号さえ非公開にしていますが、それは応募者の囲い込みをしたい、他から応募して欲しくないためです。大手求人サイトに掲載されている企業は著名な所が多いのでわざわざ調べなくてもイメージできるともいえますが、それでも慎重で賢い求職者は応募企業のホームページをチェックしたり、別の方法で応募してくるかもしれません。

以上、ネット求人をするのなら、応募者に調べられてもはずかしくない事前準備が必要なのです。

弊社では、通常のサイト制作の他、求人に特化したサイト制作をしています。

医師・看護師の求人

歯科医院求人採用サイト

整体整骨・リハビリ求人

介護施設・求人採用

動物病院人採用サイト

建設業の求人サイト

いわゆる求人採用サイトといわれるもので、大手企業を中心に常識になりつつある手法です。
経験から、このようなサイトが必ず必要なわけではありません。
企業のオフィシャルホームページが信頼できるもので、求人ページも充実しているならそれで足りる事もあります。

ただ、このような求人専門のサイトを持っておくことで、求人対策だけのために有効活用できるのです。最も求人に困った時期などにこのサイトだけにリスティング広告をかけたりアクセス対策を施すなど・・・オフィシャルホームページのイメージがあまりよくない、ゴチャゴチャしていて求人ページが伝わりづらければ、ネット求人には求人サイトのリンクを貼る、ネットの目的は求人とわりきり、こちらのサイトに力を注ぐなど、求人専用に分けておくことで活用の幅が広がります。
応募企業を事前に調べて来る求職者の方が能力の高い人材である確率もまた高いのです。

求人サイトというのはおおまかな部分で伝えたい内容は決まっているので、それに特化した構成、デザインにすることで、低価格や効率を図っていますが、企業に応じたカスタマイズも可能です。

最後に

応募が来ないと嘆く例は無数にききますが、他と差別化や特別な対策をしているでしょうか?
応募が来ないのではなく選ばれていないだけ。求職者は他の企業に応募しているだけなのです。

ネット求人をするのならそれなりの準備が必要です。
ホームページもない状態ではまともな応募はほとんど期待できません。

お気軽にお問合せください。

必須お名前
必須メールアドレス
電話番号 - -
必須相談や質問

 

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク