AmazonPayってなんだ?

決済に関する相談が多く、Stripe=クレジットカード決済だからこれひとつで十分と感じてたが、そうでもないらしい。

最近、立て続けに、購入者による不正決済で処理を撤回された。要は、盗んだ、他人のクレジットカード情報を使った購入だったのだろう。

既に作業し納品していたので、タダ働きの泣き寝入りになってしまった。

ネットにはこういう悪質者がいる。
彼らは不正決済で、まっとうな処分を受けるのだろうか、それとも、次回から使用禁止、ブラックリスト入り程度で済まされるのだろうか。

全く理不尽だ。
どうか私には関わらないで欲しい。

同時に、AmazonPayの導入相談などを受けたので、自分のサイトに実装してみました。

WooCommerce Amazon Pay

WordPressのWooCommerceにはこのようなプラグインがあるので、導入は難しくない。

AmazonPayで難しいと言えるのは

https://pay.amazon.co.jp/using-amazon-pay

で自分のアカウントを取得し、審査をパスすることです。既に持っているAmazonアカウントでも大丈夫です。審査があるので、予め稼働しているネットショップ等、AmazonPayを導入すべきモノが必要です。

そして現状では、法人しか導入出来ないです。

AmazonPayってなんだ?

難しそうですが、要するに

Amazonで買いものしたことがある人、知ってか知らずか、Amazonのアカウントを持っている人ならばAmazonに登録された個人情報やカード情報を使って決済が出来る。

という意味です。

私でさえ知らぬ間にAmazonプライム会員になっていたくらいなので、Amazonのアカウントを持っている人はとても多いだろう。誰でも当たり前のようにAmazonで買い物しているだろう。

そういう意味では大変意義のある決済手段であるとおもいます。
ほぼすべての人が決済できるといえます。

ただし、上記の通り、審査があり、AmazonもWooCommerceでの設定も超簡単ではなかったので、導入の敷居はやや高そうだ。

Stripeより決済手数料が高いし、デジタル製品はさらに高い。

そういう意味ではStripeで決済してくれた方がうれしいけれども、無名のサイトでクレジットカード情報なんて入力してたまるか、という人もいるので、(決済処理はStripeなので安心なのだが)信用の意味でも、AmazonPayを導入してみました。

なんで、自分のネットショップは売れないのか?

それは

①商品や価格に魅力がない
②誰もサイトをみていない
③そのサイトが信用できない

からです。

インチキコンサルタントに相談せずとも明確です。

AmazonPay出来るなら、ちょっとだけ信用が増すかもしれません。

フォローしてください。

作者プロフィール

猿吉
猿吉代表取締役猿
Webが出来るから下請けしようではなく、自分で生かして食っていこうな猿。