インスタ映え/Instagramで最新情報更新

¥30,000

インスタくらいはできる人
ホームページを持っている人
ネットショップを持っている人

にとってはかなり有効な手段です。

導入には、

Wordpressサイト
Instagramのアカウント

が必要です。

サイトをいじっていたらおかしくなってしまった。元に戻せない、などのトラブルに対処するため、初期納品時のバックアップデータをつけます。バックアップの方法についての解説テキストも同封します。

または

説明

ビヨンセがインスタグラムに一回投稿すると、8300万円生み出す。

デモサイト
https://myprice.life/instagram

数々のクライアントサイトを作ってわかったこと。

  • クライアントは更新しない。
  • ちょっとした更新でも業者丸投げ(決してログインして管理画面にはいかない)
  • PCよりもスマホ

PCを持っていない、ネット環境がない人もいる。
それでもスマホで間に合っている。

いくら、ワードプレスじゃとボヤいても、畑違いの人は知らない、興味もない。
他の事で忙しく、習得する気もない。

無理もない。

しかし、100%の人間がスマホは欠かせない。
衣食住、スマホがあればいいくらいだ。

ビジネスツールとして、ホームページは必要だ。
売り上げに繋がってくれたらうれしいけど、ほとんどが、信用や名刺代わり程度にしかなっていない。

これら現実を踏まえ、経験として学んだこと。

ホームページの更新はしなくていい、あるいは業者丸投げでいいので、スマホでインスタグラムをやってください。

ホームページと同期してこのように表示できます。

https://myprice.life/instagram

ただのギャラリーではありません。
写真をクリックしてみてください。
スクロールで記事が流し読み出来ます。

ホームページの情報更新はもうこれで良いのではないか。
あなたのホームページのお好きな場所に張り付けることが可能です。

拡散、宣伝はインスタグラムに頼ろう。
ホームページのリンクが貼れるし、FaceBookにも同期できるし。

最近はインスタグラムと連動してショッピングが出来る、「Shop Now」という機能がある。

クールなモデルが身に着けているものをクリックすれば、ネットショップでそのまま買えるという機能だ。モデルが有名人や人気者なら、もうこれだけで食っていけるだろう。無名でも器量のいい人ならば可能性は無限大だろう。

人生はフェアじゃないのだ。

しかし

こちらにあるように、

Instagramのショッピング機能を使用するには審査の申請が必要です。さらにはこの審査は厳しい事で有名です。
一度審査に落ちるとショッピング機能は二度と使えない。

そうなので、着手出来ない。
依頼されても出来ますとは言えない。

自分が実験台になり、審査の申請をしてみたいが、商品がインスタ映えするものとはほど遠い。まず落ちるだろう。

だから、Instagramにはかなりの可能性があるが、せめて、日々の情報更新、商品の案内とリンクくらいは

https://myprice.life/instagram

で出来るので、真っ先に導入してください。
ただの情報公開だけでなく、うまくネットショップに結び付けることも可能だとおもいます。
使い方は無限大です。

大事なのは、ただせっせと写真とコメントをインスタに投稿するのではなく、ホームページの目的のページにリンクさせること。ネットショップの商品ページならば売り上げに直結する可能性もある。


かわいい娘がおしゃれな着こなしをしている

そのアイテムの商品ページに飛ばす

インスタくらいはできる人
ホームページを持っている人
ネットショップを持っている人

にとってはかなり有効な手段であると

経験を通じて言えます。