ITに疎いから難しいを超えて

暇なのでまたサービスを作成しました。

コンサルティング、カウンセリング、サポートチケットと言う名のチャットワーク

前からあった、知ってたものですが、更新の折、改めていじってみると素晴らしい、実際に海外サイトでよく使われているので紹介を改めることにしました。

内容は上記に譲りますが
何が良いかと言えば

オンラインコンサルティング
オンラインカウンセリング

として使える

ユーザーは会員となり、囲い込みが出来る
一人一人に対し親切に深く対応出来る

ログイン機能も登録機能も用意されているので、これを使うことで会員が増えることにも繋がりそうです。

海外で

「サポートチケット」

として使われているものらしいが、よくわかんない、日本ではなじみがない

かもしれませんが、発想を変えることで
こんなに簡単で便利な機能は他にないとおもいます。

お問い合わせフォームは一方的です。
質問攻めにあいます。
いくら質問が多くとも、それに応えても、成果に繋がるとは限りません。むしろ経験上繋がりません。
質問攻めの次は質問逃げにあいます。
これが厳しい現実です。

一方通行的なお問い合わせフォームはもうやめて

会員交流、囲い込み的なこっちにした方が上手くいくのかもしれません。

学習塾のサイトとか
士業のサイトとか
カウンセリングのサイトとか

やりたいんだけど、LMSを使って学習コンテンツを作り上げるのは面倒だ、設定も難しい、会員サイトを作るのも難しい、かっこいい士業のサイトは出来たが、ただの事務所の案内サイト、他と同じLPを真似して作っただけ

そんな実態ばかりだとおもいますが、顧客(会員)と一対一でメッセージのやりとりが出来る

これなら出来そうではないですか?
書くだけですから。

ずっとここだけでやり取りしてもいいですし、あるタイミングで有料にしてもいいですし、ここから先はお会いしましょうでもいいとおもいます。ビジネスに繋がります。

「サポートチケットシステム」「ヘルプデスク」

としてだけ使うのではなく

”俺(私)というカリスマに一対一で質問、相談できる機能である”

と捉えてください。

面談だけでお金がかかることはよくありますので、これだけでビジネスになるかもしれません。

フォローしてください。

作者プロフィール

バディさん
バディさん代表
せっかくウェブサイトを作るなら、デザインだけの宣伝チラシはもうやめて、サイトそのものが収益の柱となるような「ウェブサービス」を作りませんか?