ゴーストキッチンってなんだ?

ゴーストレストランともいいますが、説明するよりこれを読めば一目瞭然だ。

5坪のキッチンで7業態が営業、月商500万円。いま話題のゴーストレストランのトップランナー、「ゴーストキッチンズ」代表・吉見悠紀氏インタビュー – フードスタジアム

吉見悠紀氏 ゴーストレストラン研究所 代表取締役。広告代理店を退社後、AKINDOを設立。日本企業のアジア進出促進を目指し、マレーシアを中心に食材の輸出やPRイベントを行う。その後、社名をeat worksに変更し、有名シェフのマネジメント、食のPRを担当。2019年1月から1キッチン複数業態型のゴーストレストラン、「ゴーストキッチンズ」を運営するゴーストレストラン研究所を設立。 …

私のオフィスはもっと広いが月商は遠く及ばない。
多くの飲食店も同じではないだろうか。

コロナウィルスの影響で加速、取り組まねばならぬ状況なのだろうが、これは今後も継続していくだろう。コロナウィルスが収束しても、人々の意識、生活習慣は変わってしまった。コロナだけではない。不測の事態はいつまた起こるかわからない。

高齢化社会でデリバリーの需要は伸びざるをえない。飲食店にとり家賃は今後も死活問題だ。

個人だけでなく、企業、他業種、介護施設や学校等への供給、行政との連携の可能性も広がる。

飲食店のオンラインビジネス化が必然だということで

ゴーストキッチン、フードデリバリーアプリ提供します フードオンラインデリバリーシステムでビジネスを加速

こんなものを作成しました。

これ以外にもいくつか商品がありますが、これが一番カンタンで扱いやすい、見やすいとおもいます。

ホームページでもあり、スマホアプリ(PWA)でもあります。

これからの飲食店のホームページは、まずこのような機能ありきで、あとは必要に応じてトップページを追加したり、コンセプトページやその他ページを考えればいいとおもいます。一番大事なのは稼ぐ機能です。

もっとアピールしたい商品に

UberEATSや出前館のようなサイトを提供します 出店できるマーケットプレイスで地域サービスを作ろう

があるが、UberEATSや出前館のようなマーケットプレイスなので、それなりに運営、統括できる組織でないと使いこなせないと感じる。

UberEATSや出前館のようなプラットフォームに頼ることは否定しないが、自前でオンラインシステムに今から着手し、未来に備えておくことをおススメする。

ショッピングモールに参加するのか、自力、自前でなんとかするかの違いだ。

Follow me!

次の記事

WixとWordPress