会員サイト(オンラインサロン)ってなんぞや

会員サイト、オンラインサロンという言葉ばかりが独り歩きして、果たして会員サイトにして何がしたいのか、会員サイトとは何なのか、よくわかっていないような相談が多い。

チンプンカンプンで、相談や要望を聞いているうちに、こっちも何がなんだかわからなくなってくる。破綻しているような話が多い。登録せずに課金だけしたい?登録せずに課金だけした人にどうやって会員サービスを提供するのだろう。それは会員サイトではなくネットショップではないかな?ネットショップでも購入と同時に会員登録させるものばかりだけども・・・

いつも自分が利用しているサービスを考えて欲しい。

ヤフオク
アマゾン
メルカリ
フェイスブックやツイッターやLineだって

何でもかんでも、登録しているはずだ。
貴殿のメールアドレス、パスワードなんかがあってはじめて成り立っているはずだ。
ログインしっぱなしなので、会員登録という意識が希薄なだけで。

一般的な会員サイト、オンラインサロンというのは以下で間違いないとおもう。

会員にならないと記事(コンテンツ)がみれない、サービスを利用できない。
そこに課金等の機能をつけていくのだ。

決済機能つきの有料会員サイト

これで、機能的なものは満たしている。

難しい?

シンプルに考えてみれば、これほどカンタンなものはない。
登録(課金)さえしてしまえば

見れないコンテンツ(サービス)がみれるようになる
大雑把に言えばたったこれだけの事である。

そしてもちろん、解約やプランの変更等、会員専用画面も用意されている。

LMS(オンライン学習システム)が難しいなら、上記会員サイトで十分だ。
レッスンやコースといえるほどのコンテンツを記事として書ければいい。書けなければ動画を貼り付けるだけでもいい。

会員サイトは難しく捉えず、シンプルに考えよう。

そして、会員にどんな素晴らしいサービス(コンテンツ)を提供するのか、こそが一番大事だ。
そこが弱いなら、会員サイトにする必要も、課金する必要もない。

フォローしてください。