果報は練て待て

コロナパンデミックがピークアウト、キャリーオーバーな最中で年を越しました。

予期せぬことは人生には起きる。
だから楽しい。
いや、これも予期できた事のはず。
まだまだ甘い、全て自己責任だ。

「果報は寝て待て」

果報は寝て待て

という境地で2021年を迎えたいとおもっていたが、書いてるうちにもっといい言葉が見つかった。

「果報は練て待て」

今年は、少しペースを落として、よく練る1年にしよう。

仕事柄、肩、首が凝り、痛いので、枕を捨てた。
それに慣れると、よく夢をみるようになった。

起きてるより寝てる時の方が楽しいくらいの人生なので

「果報は寝て」待ちたいのだが、まだそこまでの境地に達するには修行が足りないのだと

その辺の野良猫が教えてくれました。

野良猫師匠はコロナなどどこ吹く風で寝ておりました。

余計な情報など必要ニャイのである。

フォローしてください。