求人の現実

コロナショックを受けて様々な有志が立ち上がり、
かつて住んでいた地域の飲食店を支援するグループからお誘いを受けたりしたが

苦しいのは飲食店だけではない。
みんな苦しい。

飲食店の窮状ばかり嘆かれても余計苦しい。

給与削減の社員も苦しいだろうが、バイトはクビだろうか。
私のような個人事業主も減給ではなくほぼゼロだ。

細々と求人サイトを運営しているが、こんな時期に求人など論外なので機能ゼロに等しいが
悲しいかな、応募は多い。

きっと大変なんだろうな応募者も

なんておもいながら、ただただ眺めているだけ。

もし、余裕、体力があり、求人を受け入れる会社があるならば、今は応募が多い、人材確保のチャンスです。
余裕があるなら是非雇ってあげてください。

フォローしてください。

作者プロフィール

バディさん
バディさん代表
せっかくウェブサイトを作るなら、デザインだけの宣伝チラシはもうやめて、サイトそのものが収益の柱となるような「ウェブサービス」を作りませんか?